【必見】50代女性の薄毛の原因はここに気をつけましょう!

1

50代女性にとって薄毛となる原因は何でしょうか。ストレス以外にも日常生活や食生活で原因となるものはたくさんあります。具体的な原因を知り対策を行って薄毛にならないようにしましょう。

カラーリング剤が薄毛の原因となる!?

50代女性の場合髪の毛が細くなって抜けやすくなることや頭頂部分のボリュームがなくなってくることが少なくありません。白髪が増える人も少なくないため全体的にカラーリングをする人も増えてきます。

しかしこの白髪染め・カラーリング剤が頭皮に悪影響を及ぼし薄毛となることも少なくありません。頭皮のデリケートな体質の人はなるべく頭皮に負担を与えないような白髪染め・カラーリング剤を使用することが望ましいでしょう。

ホルモンバランスが崩れることが原因?

50代女性に薄毛がひどくなる人が多い理由として閉経によるホルモンバランスの崩れが挙げられています。女性が閉経を迎える前後5年間に身体で起こることを指しほてりやのぼせ、冷えなどだけではなく倦怠感、イライラなども原因のひとつです。

個人差によって出てくる症状は異なりますが更年期で女性の胎内から減少するホルモンとしてエストロゲンがあります。エストロゲンは毛髪を発達させ成長に大きな影響を与えるホルモンで抜け毛の原因となりがちです。

倦怠感やイライラによってストレスが発生し薄毛を進行させることが懸念されています。医療機関で更年期対策の薬品を処方してもらうと症状が軽くなるでしょう。

生活習慣とホルモンの乱れの関係

生活習慣の乱れは年齢とともに生活習慣病や薄毛を引き起こす原因となりがちです。栄養バランスが整っていない食事や睡眠不足、運動習慣がないといった場合頭皮の皮脂が増えてしまいます。

皮脂が減らずに酸化すると毛穴をふさいで正常な栄養を頭皮に届けにくくなるでしょう。睡眠時間や食事の時間が一定でない場合ホルモンバランスが崩れやすくなるためエストロゲン減少が懸念されます。

対策としてバランスの取れた食生活やサプリメントで不足する栄養素を補いましょう。特に50代の女性で大豆成分を積極的に取らない場合エストロゲンが減少するスピードが加速する可能性が高いです。大豆製品を適切な量とるように心がけてください。

紫外線やパーマをかけることも頭皮に負担を与える

カラーリングだけではなくパーマや紫外線が頭皮への負担となることも少なくありません。紫外線を浴びると髪の内部まで浸透し髪が細くなることや薄毛の原因となることで知られています。

日ごろから紫外線をカットすることで対策を講じることができます。日傘や帽子、更に紫外線から髪を守るためのトリートメントスプレーを使うことも選択肢の一つです。

特に紫外線が強くなる4月から10月は帽子をかぶることが望ましいといわれています。パーマやカラーリングを積極的に行う人は髪や頭皮にかかる負担が大きくなるため注意してください。

ストレスは薄毛の最も大きな原因

現代はストレス社会といわれ何をするにしてもストレスが付き物となっています。ストレスが発生すると体の末端部分の血流が悪くなり、頭皮や毛髪の健全な成長を阻害してしまう可能性が高いです。

過剰なストレスによって発生する円形脱毛症や白髪の増加を治すためには半年以上かかる人が多いといわれています。ストレスをためないように日ごろから運動や睡眠を整えておくと、ストレス発散しやすくなり頭皮の血行にもよいでしょう。

友人とのおしゃべりや趣味に没頭すること更に外出して気分をリフレッシュさせるのもストレスを軽減させるのに良い方法です。普段から肩の力を抜いて生活できるように心がける、周囲のことをあまり気にしないこともストレスをためないポイントといえます。

50代女性の薄毛となる原因を知れば対策できる

50代女性が薄毛となる原因は多数存在しているため1つずつ対策を講じていくとストレスがたまらず更年期対策にも便利です。生活に取り入れやすい方法を実行して自信をつけましょう。

PAGE TOP

育毛コラム

【そうなの?】女性の薄毛予防にはブラッシングが効果的で簡単だった

育毛コラム

【切実】女性の薄毛用シャンプーで50代が選ぶべきものの基準は?

育毛コラム

【なぜ?】女性の薄毛はこめかみから進行するの?

育毛コラム

テストステロンが女性の薄毛に影響していた?!

育毛コラム

【必見】50代女性の薄毛の原因はここに気をつけましょう!